カテゴリー別アーカイブ: 日常 生活

元同僚にステキな女性との出会いが実るのはいつ?

私が前に働いていた職場にいた、同僚のYさんは女好きだったな。彼は頭が良いし、仕事も出来るから、ステキな男性だったんだけど、おしゃべりし過ぎるところと、自信過剰なところがダメだったのか、あんまりモテてなかったの。でも女好きだから、色んな女性にアプローチしていたみたい。
そして本人は自分の理想とする女性との出会いをずっと求めてて、色々と苦労してたのよ。そんなYさんは私より年下だったから、何かと相談されることが多かったから、一度だけ私の知り合いのすごくキレイな女の子を紹介したのよ。3人で一緒にランチを食べながら、色々と話したんだけど、結局、その二人の関係が始まることは無かったのよね。私の同僚は彼女のことを気に入ったみたいなんだけど、私の知り合いの女の子は彼には興味が無かったみたい。やっぱり彼のしゃべりすぎるところが嫌だったのかな。
その後、その同僚は別の職場へ移ったんだけど、そこでもステキな女性との出会いを求めているらしい。さてどうなるのかな?良い出会いがあると良いけど。

マッサージの詳しい体験談について

私は、最近女性専用マッサージを受けてきました。私が受けたマッサージは、アロマやエステのようなものではなく、按摩と言われるマッサージです。一人のマッサージ師の方が丁寧に施術を施してくれました。

触っただけでどこが凝っているのかすぐにわかるらしく、私は肩がすごく凝っていると言われました。普段、仕事が主にデスクワークなので、肩が悲鳴を上げていることは私自身薄々気付いていました。

肩のマッサージは、少し痛かったですが施術後は以前よりも痛みがひいていました。以前なら腕を上に上げると少し痛みがありましたが、その痛みもなくなっていました。「マッサージ師さんはさすがだな」と思いました。

どんな運動をしても痛みが取れなかった肩を一日の施術だけで治してしまうのですから。そして肩以外も身体全体をマッサージして頂きました。とても気持ちよくて施術中に眠ってしまいました。今回、施術を受けて良かったなと改めて思

最悪な場面からの出会い

先日、急な高熱が出て寝込むことになりました。
時間が経つにつれて腹痛と吐き気が強さを増し、しばらく自宅で苦しんでいましたが仕事が繁忙期を迎えており、あまり長い間休むわけにもいかず、一旦落ち着いたところで市内の総合病院へ行きました。
幸いなことに内科はあまり混んでおらす、すぐに診てもらうことができました。
すると、いつもの先生の横には見た事の無いイケメンの看護師さんが立っていました。
しかし、私は切羽詰まっていたのでそれどころではありませんでした。こんな場面で出会わなければ一言くらい交わしたのにと思いながら、無事に診察を終え薬をもらい帰宅しました。
後日、仕事が落ち着き仲間と飲みに行った時のこと、あの時の看護師さんも偶然同じ飲み屋に来ていたのです。
すると、看護師さんの方から私に声をかけてきました。私は当然覚えていないだろうと思っていたので驚きました。私たちは少しだけ会話し楽しい時間を過ごしました。そして、こんな出会いもあるのかと少し笑ってしまいました。出会いはどんな形であるのかわかりませんね。
次に病院で彼を見かけたら、自分から声をかけてみようかなと思います。

出会いはどこに落ちているものなの?

周りの友人がどんどん結婚していく中、自分は全然そんな気配が感じ取れません。
テレビドラマや映画だと、ふとしたきっかけで出会って、恋愛に発展して、結婚してというふうに順調に流れていきますが、実際にそんなふうに簡単に出会えません!
出会いってどこに落ちているんだ!
と、腹が立ってしまうくらい。
例えば、ドラマや映画では行きつけのお店で何度か出会う人がいたり、友人の紹介で出会ったり、会社の人と恋に落ちたりしていますよね。
過去に友人から紹介されたこともありますが、特に発展しなかったのは、なぜでしょう…。
会社は同性ばかりで、異性の人はすでに結婚しているか、パートナーがいる人ばかり。
よく行くお店、というのはあんまりないのですが、強いて言うなら、会社近くのスターバックスでしょうか。
それでも「良く合いますね」なんて声かけたり、かけようと思う人はいません。
一体みんなどこで知り合って、どこで恋愛に発展して行っているのか不思議です。

チャラ男との初めての出会い

私が今の旦那と初めてあったのは、3年に一度の近所のお祭りでのことでした。旦那は私を見るなり、君可愛いねー、とチャラく声をかけてきました。しまいには慣れ慣れしく肩を組み、連絡先を聞いてきました。しかし、私は、ナンパされたことがなかったので、正直嬉しかったです。その後男女4人でカラオケに行きました。そこでも、旦那はチャラかったです。ホスト風の歌を歌い、私に迫ってきました。しかし、その現場でも旦那は他の女と肩を組んだり、最低でした。しかも、旦那の女友達が「彼女いるくせにそんなことしてダイジョブなの?」というヒソヒソ声が聞こえてきました。私は最低だと思いました。しかし、旦那はかわいい子に会ったら連作先を聞かないのが女性に対して失礼であるという考えの持ち主でした。私は呆れました。しかし、その後、旦那は俺彼女と別れてきたから、と言いました。私は旦那の本気度を感じました。旦那はその後何故か伊豆に行きたいと言い出し、私は軽く同意しました。そこでの旦那はとても紳士的で私は彼のことを見直しました。出会いは最低でしたが、意外にも真摯に私に向き合ってくれて、私は旦那との結婚を決意しました。今はそんな出会いに感謝しています。

出会いがあると自分をかえることができる

毎日仕事と家の繰り返しなど同じ生活をしていると、とても疲れることがありませんか?このまま人生が終わると思うと、これでいいのかと思うことも。もっと充実した毎日を送りたいですね。その時、たくさんの出会いがあると、充実した生活を送ることができます。違う人たちとお出会いは、人生を豊かにすることができるのです。
それは特に異性との出会いがいいですね。男女の出会いというのは、簡単なようで簡単に出会うことができないことも。その時は、サイトを使うようにしましょう。
そこでドキドキするような体験をすることにより、毎日を楽しく過ごすことができます。出会いというのは、自分をかえることが出来るといっても過言ではありません。出会いを多くして、もっと違う自分にあってみませんか?すると、こんなに自分が変わることが出来るんだと、自分でびっくりするかもしれませんね。

婚活する上で理想とどう向き合えばいいか

本気で婚活をしたいと思った時、どのようにして相手を選べば良いのでしょうか。誰にでも理想はあると思います。理想通りの相手を選ぶことができればいいのですが、実際はそうはいきません。上手く理想と向き合っていく必要があります。良い出会いにするには、これが必須なのです。では、具体的にどうすればいいのでしょうか。
それは、相手を選ぶ際に、最初から理想で選ばないということです。まずは直感で選ぶことです。何となく「いいな」と思った人と取り合えず付き合ってみましょう。その後で、付き合った相手が自分の理想像とどれくらい近いのかを見ていけばよいのです。また、相手がどんな人が理想なのかを探ってみましょう。そして、できるだけその理想に自分を近づけていくのです。こうすることで、長い恋愛につながり、やがては結婚することができるのです。
このように、婚活では理想と上手く向き合っていくのが非常に重要なのです。

中国人が色々と日本のものを買い尽くそうとしている

もう何年も前からニュースなどで耳にしている話ですが、中国人が日本の資源や不動産、物や著作権など、とにかく購入できるもの全てを購入しまくっている話です。聞いただけで嫌になりますが、中国人は何でもビジネスにしたがりますからね。北海道の自然や不動産、東京の高級マンションなど、不動産投資のために購入したりするそうです。

しかも割とローンなしで購入できてしまう富裕層も増えているのだとか。聞いただけで怖いですが、中国人にばかり日本の不動産を購入されるのもちょっとどうかと思ってしまいます。

自分たちで住むのならともかく不動産投資のためにはちょっと引っかかるところがあります。お店で商品を大量に買って中国に持って帰るのは悪い気分にはなりませんけどね。日本の経済にも貢献してくれていることになりますから。日本人で不動産投資を考えている人は中国人による不動産投資のコツなどを勉強して学ぶのも手かもしれません。

限られた時間の中で効率よく結婚相手を探すには

現在24歳です。この歳になると、もう第1次結婚ブームが来たんだなあと実感させられます。大学在学時には同じ学科の子が結婚したり出産したりしていましたが、最近になって高校の友人からの結婚報告が増えてきました。

同棲している子や籍を入れようかと悩んでいる子もいてて、私は焦るばかり。彼氏のいない同士での最近の話題は婚活で持ちきりです。

よく婚活の話をする友人は何ヶ月か前から街コンや合コンにいってはいるけど、特に収穫なしのようで、婚活アプリを始めたらしいです。

気になる相手とメッセージのやりとりをするところまで進んでいるとのことで、今度会うそうです。ネット上だけのやりとりで実際に会うのは怖い気もするけど、街コンや合コンを繰り返すより、自分の条件を設定した上で相手を探せる方が効率が良いし、プロフィールを見た上で会うから会ったときにどんな話をすれば良いか準備ができるし、何かと便利だったりするのかなあと思い始めました。

友人の報告を聞いてみて、私も婚活アプリを始めようかなと思います。

タクシー乗務員は女性が増えてきた

タクシー乗務員の仕事の募集があちこちのサイトにあり、目に留まりやすいかもしれません。爽やかなイメージや仕事へのモチベーションを高めるようなフレーズが並び、やってみたくなる人もいるに違いありません。

最近は女性のタクシードライバーも増えてきました。女性ドライバーが増えると、タクシー業界のイメージがとても良いものとなります。

これまではどうしてもドライバー層が高齢者の男性という感じであり、女性がしかもある程度若い女性がタクシー乗務員として仕事をしている姿というのは好印象です。タクシーを利用する女性の人たちも、ドライバーが女性だと安心感があり、利用しやすいに違いありません。女性とはいえ、運転が苦手なわけではなく、かなり上手であり、しかも堂々としていることは少なくありません。それに日本社会は、やや所得が低めの女性たちが多いに対して、タクシー運転手の収入はかなりいいです。