カテゴリー別アーカイブ: ビジネス・起業・就職・転職

親戚のおじさんにかなり久しぶりに会いました

先日、久しぶりに親戚のおじさんに会いました。おじさんはちょうど長期休暇をとっていて、こちらのほうに旅行で来ていたので、ついでにうちに寄っていったのです。おじさんには5年ぶりくらいに会ったのですが、雰囲気はあまり変わっておらず、あいかわらず生き生きとした元気にあふれる印象を受けました。おじさんは30代の頃からタクシードライバーをしており、その道一筋で20年間、がむしゃらに頑張っています。けっこう儲けているようで、さすがだな、と思いましたね。かなり昔ですが、一度、おじさんのタクシーに乗せてもらったことがあります。その頃は私も小さい子供だったので、それもあったのかもしれませんが、タクシーの内部がかなり広いな、と感じたのを覚えています。おじさんが真剣な顔で運転していて、かっこいいな、とも感じましたね。今回、久しぶりに会って、またおじさんのタクシーに乗りたいな、と強く思いましたね。

高収入が期待できるタクシードライバー

タクシードライバーの収入は歩合制なので、多い人と少ない人との差はありますが、平均すると月30万円から40万円程度は稼ぐことができる高収入の仕事です。歩合率は60%から65%に設定しているタクシー会社が多いようですが、たとえば1日の売り上げが3万円で20日間働いたとしたら、60万円の売り上げとなります。その60%から65%となると36万円から39万円となります。年収に換算すると、420万円から450万円前後になる計算です。一般的な会社員の給料と比べても決して悪くないことがわかるでしょう。もちろん、努力次第ではもっと収入をアップさせていくことも可能です。やればやるほど収入が増えるのが歩合制の魅力です。ただ休みもしっかりとらないと身体に堪えますので、無理をせず自分のペースを守りながら根気強く続くけていくことが大切です。

給料の良さを羨みました

昨日は転職した元同僚にばったり街で会いました。久しぶりだったので、最初は気づかなかったのですが、彼のほうが先に声をかけてくれて、こちらに寄ってきてくれました。いろいろ、近況報告しながら駅のほうに歩いていたのですが、実はその時、私は手数料が無料の時間帯に、銀行に行ってお金をおろしたかったので、彼を待たせてちょっとATMに向かいました。今思えば悪いことをしたな、と思いますが、彼はあまり気にしていないようで、しっかり私のことを待っていてくれました。

それから、居酒屋に入って色々と仕事のことなどを聞きました。彼はファクタリング会社に転職したということでした。ファクタリングは昨今では企業経営に欠かせないサービスとして認識されているので、私もよく知っていました。彼の会社はとても大きなところなので、給料もかなり良いらしく正直うらやましいな、と思います。とにかく、これから頑張って欲しいです。

タクシー乗務員は女性が増えてきた

タクシー乗務員の仕事の募集があちこちのサイトにあり、目に留まりやすいかもしれません。爽やかなイメージや仕事へのモチベーションを高めるようなフレーズが並び、やってみたくなる人もいるに違いありません。

最近は女性のタクシードライバーも増えてきました。女性ドライバーが増えると、タクシー業界のイメージがとても良いものとなります。

これまではどうしてもドライバー層が高齢者の男性という感じであり、女性がしかもある程度若い女性がタクシー乗務員として仕事をしている姿というのは好印象です。タクシーを利用する女性の人たちも、ドライバーが女性だと安心感があり、利用しやすいに違いありません。女性とはいえ、運転が苦手なわけではなく、かなり上手であり、しかも堂々としていることは少なくありません。それに日本社会は、やや所得が低めの女性たちが多いに対して、タクシー運転手の収入はかなりいいです。

タクシードライバーを目指すこと

タクシードライバーというのは誰でもできるというわけではなく特殊な免許を持っていなければならないということになっています。それが運転免許二種と呼ばれるものでありそれがないとどうしてもタクシードライバーというのは始めることができないということになっています。とても大事なことですからよく覚えておきましょう。免許を持っていれば誰でも二種の免許を取るための資格を得られているのかと言うとそうではなく年齢制限などもあったりしますのでその辺りを注意しておいた方が良いわけです。しかし、そこまで難しいわけではないです。確かに取るためにはそれなりにしっかりとした運転の技術がなければならないということにはなるのですが特別に下手ということでもない限りはそんなに心配することはないと言われている免許ということにはなっています。目指すことは難しくはないです。

不動産売却で気をつけたポイント

一戸建ての不動産売却を考えていた時、普通に査定もしてもらいましたが、ひとつ気をつけたポイントがあります。それは周辺の販売価格を意識して調査したという事です。これは売却対象が一戸建てに限る話ではありません。マンションやアパートでも同じ事が言えます。そもそも、不動産売却を行い、買ってもらうという事はその不動産または土地に対して価値を感じ、買ってくれる最終購入者の方がいるから成り立つのです。周辺の販売価格を意識するという事はこの最終購入者の行動を意識するという事になります。普段住んでいて、土地勘がある場所でも販売価格は意識しなければ自分の中で数字として入ってこない情報です。これは不動産売却を考え出してから継続して行うと、とてもよく傾向が見えてきます。ただし、勘違いをしてはいけない内容です。適性価格がわかるという事であり、極端に上下離れている時にわかることができるという内容です。売る人も買う人も適性な価格でハッピーになれる、そのような観点から意識すると不動産売却でお互いにうれしい気持ちになれます。

浜松で相続相談となれば司法書士に!

相続や遺言などに関することをインターネットで調べても、たくさんの情報が出てきてしまいます。遺産相続には慣れない手続も多く、専門家に頼る必要があると感じてもどこに相談に行ったら良いのかわからないという方も多くいるでしょう。

そのようなとき、司法書士はそういったことについて幅広く相談に乗ってくれるため、困ったら司法書士に頼るのがおすすめです。特に、相続財産の中の不動産の名義変更をしたい場合などでは、司法書士が活躍します。法務局への相続登記申請を代理で行ってくれるのです。不動産の相続登記がしっかりとされていないままだと、所有者の正確な把握ができないという問題が生じてしまうため、登記は非常に重要です。

そのほかにも、浜松 相続手続きの全てを受任してくれる事務所もあるため、浜松やその近辺で探してみるのも良いかもしれません。

高級オフィスチェアーは中古オフィス家具ショップで探そう!

質の良いオフィス家具を出来るだけ安くそろえたいなら、中古オフィス家具がオススメです。
オフィス家具を新品でそろえると費用がかさんでしまいますが、中古オフィス家具なら割安価格で高性能の品をそろえることができます。

中古といっても使い古したようなものは商品にはならず、安全面や衛生面でも問題の内家具のみが中古オフィス家具として流通します。
新品を購入する時と同様の感覚で使用できますから、安心して中古オフィス家具を購入できます。

中古オフィス家具の購入でとくにオススメなのが、高級オフィスチェアーです。
作業時に体にかかる負担を軽減してくれる高級オフィスチェアーは、長時間のデスクワークを強いられる仕事には必須のアイテムです。

新品で購入するとかなり値が張りますが、中古オフィス家具を扱うショップで探せば、高性能のチェアーが驚くほどお得な価格で購入可能です。

入ってみたい!と思っていただける店舗内装のポイント

店舗内装を考える上で大切なことは、まずその店のターゲットが明確になっているかということです。

まず最初にしっかりとコンセプトを立て、次に設計、デザインを考えていきます。
コンセプトさえしっかりとしていれば、提供したいと思っているお店のサービスや、伝えたいイメージが、どうしたらより良くお客様の心に届くのかが自然と分かってきます。

お店の雰囲気やデザインは単にその場に居るお客様に満足していただくためだけのものではありません。
お店の前を通るすべての人がターゲットになるような、入ってみたい!と思っていただける店舗内装にしましょう。
それが宣伝広告と同じ役割を果たすからです。

このようなことから、店舗内装がお店作りをする上でとても重要だということがわかります。

電気工事士電線の扱い方

電気工事士の資格を所得する上で見られるのは技能・知識です。
知識についてはあえて触れませんが、技能では実際に電気工事の知識を使いながら簡単な課題を施工してもらう形になります。

そこで、施工する上で禁止事項(これを行うと一発で不合格になります)は
・配線間違えや機器の接続段階での断線、回路の断線(例えばペンチなどでつぶしてしまった場合)などがあります。
これらは電流を流しても回路が成立しないため重大欠陥になります。
・接続点の不処理・差込不十分などこれらは火災などの原因になるので重大欠陥です。

上記のことは、回路として使えないや後々事故になったら困るので電気工事士の資格がないと施工できないように国が法律で定めました。

電気工事士電線を使う上で心がけてほしいのは、回路として成立させる思いと事故を起こさないと言う決意を持ってください。