user10 のすべての投稿

30歳から婚活を経験していました

現在60歳になる男性ですのでもう30年前になりますが、今で言う婚活を経験してきています。当時は親からお見合いを勧められ何度かしましたが、うまくいきませんでした。
親同士仲が良くても、子どもが同じだとは限りません。不思議ですが相手の親をみていると、この先親戚づきあいが続くとなると二の足を踏みます。相手の女性もお嬢さんタイプが多く、料理好き、主婦タイプが多くしっくりいきませんでした。
当時は結婚相談所が流行っていたので、親の紹介ではなく、違う視点で結婚相手を見つけることにしました。コンピュータで相性診断して何人か紹介を受けました。1年ごとの契約でしたがなかなかまとまらず、これで最後だと思ってお会いした女性が今の妻です。
保母さんの仕事を持つキャリアウーマンで、今でも働いています。なんとか結婚にたどり着きましたが、今でも婚活していたときの夢を見ることがあります。

タクシー乗務員は女性が増えてきた

タクシー乗務員の仕事の募集があちこちのサイトにあり、目に留まりやすいかもしれません。爽やかなイメージや仕事へのモチベーションを高めるようなフレーズが並び、やってみたくなる人もいるに違いありません。

最近は女性のタクシードライバーも増えてきました。女性ドライバーが増えると、タクシー業界のイメージがとても良いものとなります。

これまではどうしてもドライバー層が高齢者の男性という感じであり、女性がしかもある程度若い女性がタクシー乗務員として仕事をしている姿というのは好印象です。タクシーを利用する女性の人たちも、ドライバーが女性だと安心感があり、利用しやすいに違いありません。女性とはいえ、運転が苦手なわけではなく、かなり上手であり、しかも堂々としていることは少なくありません。それに日本社会は、やや所得が低めの女性たちが多いに対して、タクシー運転手の収入はかなりいいです。

メールで良い印象を与える

メールでの出会いというのは、よくある事ですね。しかしその時に、メールでも嫌と思うことがあります。そんなときには会うという気持ちになることがありません。それでは、メールで良い印象を与えることができるのは、どんな感じなのでしょうか。
まず重要なのは、なんといっても誠実さがわかるということです。メールなので、そこで表情などでカバーさせることができないのです。そのメールの文章だけで相手を判断することになるので、そこは誠実さを見せたいですね。
自分のことを、誠実に相手に伝えることが大事なのです。それは会った時に、メールでの印象と同じであると思うことが多くなります。ところがメールで嫌な印象を持つと、会うと更に嫌な印象を持つことになります。それは、やっぱり良い方に考えることができないからです。良い人だと思ってもらうためには、やっぱり文章を考えて送信するようにしましょう。

太陽光発電システムがかなり普及している

太陽光発電システムというのは、かなり普及していると言っても過言ではないでしょう。昔はそこそこ裕福な人がやるというようなものでもあったのですが、今では家庭にもしっかりと設置しているという人が多くなっていますからそれなりにメリットがあるということが分かっているのです。そもそも助成金が出る、ということが多くなっていますから、イニシャルコストがかなり抑えられているということは間違いないです。だからこそ、しっかりと普及しやすくなっている、ということがあるわけです。こういう助成金の制度というのは昔からあったわけですがより強力な制度ができたからです。売電に関することでしっかりとした制度が作られたということがあり安定しているということができるようになったのはやはり大きいと言えるでしょう。それが普及してきたわけであるといえます。

タクシードライバーを目指すこと

タクシードライバーというのは誰でもできるというわけではなく特殊な免許を持っていなければならないということになっています。それが運転免許二種と呼ばれるものでありそれがないとどうしてもタクシードライバーというのは始めることができないということになっています。とても大事なことですからよく覚えておきましょう。免許を持っていれば誰でも二種の免許を取るための資格を得られているのかと言うとそうではなく年齢制限などもあったりしますのでその辺りを注意しておいた方が良いわけです。しかし、そこまで難しいわけではないです。確かに取るためにはそれなりにしっかりとした運転の技術がなければならないということにはなるのですが特別に下手ということでもない限りはそんなに心配することはないと言われている免許ということにはなっています。目指すことは難しくはないです。

不動産売却で気をつけたポイント

一戸建ての不動産売却を考えていた時、普通に査定もしてもらいましたが、ひとつ気をつけたポイントがあります。それは周辺の販売価格を意識して調査したという事です。これは売却対象が一戸建てに限る話ではありません。マンションやアパートでも同じ事が言えます。そもそも、不動産売却を行い、買ってもらうという事はその不動産または土地に対して価値を感じ、買ってくれる最終購入者の方がいるから成り立つのです。周辺の販売価格を意識するという事はこの最終購入者の行動を意識するという事になります。普段住んでいて、土地勘がある場所でも販売価格は意識しなければ自分の中で数字として入ってこない情報です。これは不動産売却を考え出してから継続して行うと、とてもよく傾向が見えてきます。ただし、勘違いをしてはいけない内容です。適性価格がわかるという事であり、極端に上下離れている時にわかることができるという内容です。売る人も買う人も適性な価格でハッピーになれる、そのような観点から意識すると不動産売却でお互いにうれしい気持ちになれます。