pay1 のすべての投稿

父の遺品整理は良い時間でした

わたしの父は若い頃から病気がちで入退院を繰り返していました。ガンにもなりました。よくなったかと思うとまた別のガンになることを繰り返して父は平均寿命まで生きられず亡くなりました。

父が亡くなってから母と二人で遺品整理をしました。母に、捨てていい物か保管しておくべき物か相談しながら進めたので遺品整理は何日も続きました。

そんなにたくさん残っていなかったけど、たくさんなかったから余計に慎重に確認しました。たくさん父の物が残っていたら、着つぶしたような衣類やシミがあるような物はあっけなくゴミ袋行きだったでしょう・・・。

予想外に父の物が少なかったからどれを残すか時間をかけて検討しました。遺品整理って面倒だと思っていたけどそうでもないですよ。一つひとつの物に父との思い出があり、母といろんな思い出話をしながら整理する時間も良いものでした。

中国人が色々と日本のものを買い尽くそうとしている

もう何年も前からニュースなどで耳にしている話ですが、中国人が日本の資源や不動産、物や著作権など、とにかく購入できるもの全てを購入しまくっている話です。聞いただけで嫌になりますが、中国人は何でもビジネスにしたがりますからね。北海道の自然や不動産、東京の高級マンションなど、不動産投資のために購入したりするそうです。

しかも割とローンなしで購入できてしまう富裕層も増えているのだとか。聞いただけで怖いですが、中国人にばかり日本の不動産を購入されるのもちょっとどうかと思ってしまいます。

自分たちで住むのならともかく不動産投資のためにはちょっと引っかかるところがあります。お店で商品を大量に買って中国に持って帰るのは悪い気分にはなりませんけどね。日本の経済にも貢献してくれていることになりますから。日本人で不動産投資を考えている人は中国人による不動産投資のコツなどを勉強して学ぶのも手かもしれません。

給料の良さを羨みました

昨日は転職した元同僚にばったり街で会いました。久しぶりだったので、最初は気づかなかったのですが、彼のほうが先に声をかけてくれて、こちらに寄ってきてくれました。いろいろ、近況報告しながら駅のほうに歩いていたのですが、実はその時、私は手数料が無料の時間帯に、銀行に行ってお金をおろしたかったので、彼を待たせてちょっとATMに向かいました。今思えば悪いことをしたな、と思いますが、彼はあまり気にしていないようで、しっかり私のことを待っていてくれました。

それから、居酒屋に入って色々と仕事のことなどを聞きました。彼はファクタリング会社に転職したということでした。ファクタリングは昨今では企業経営に欠かせないサービスとして認識されているので、私もよく知っていました。彼の会社はとても大きなところなので、給料もかなり良いらしく正直うらやましいな、と思います。とにかく、これから頑張って欲しいです。

限られた時間の中で効率よく結婚相手を探すには

現在24歳です。この歳になると、もう第1次結婚ブームが来たんだなあと実感させられます。大学在学時には同じ学科の子が結婚したり出産したりしていましたが、最近になって高校の友人からの結婚報告が増えてきました。

同棲している子や籍を入れようかと悩んでいる子もいてて、私は焦るばかり。彼氏のいない同士での最近の話題は婚活で持ちきりです。

よく婚活の話をする友人は何ヶ月か前から街コンや合コンにいってはいるけど、特に収穫なしのようで、婚活アプリを始めたらしいです。

気になる相手とメッセージのやりとりをするところまで進んでいるとのことで、今度会うそうです。ネット上だけのやりとりで実際に会うのは怖い気もするけど、街コンや合コンを繰り返すより、自分の条件を設定した上で相手を探せる方が効率が良いし、プロフィールを見た上で会うから会ったときにどんな話をすれば良いか準備ができるし、何かと便利だったりするのかなあと思い始めました。

友人の報告を聞いてみて、私も婚活アプリを始めようかなと思います。

良い出会いを見つけたい

昨日、はじめて出会いアプリに登録してみました。
なんとなく敷居が高くて今まで避けていたけど、友人からアプリで恋人を見つけたという話を聞き興味本位で。
プロフィールは簡単にしか書いていませんが、既にいいねが数十件来ています。新規登録ラッシュみたいのがあるらしく、最初が一番注目してもらえるようです。
顔写真も載せると反応が良いみたいだけど、はじめてなのでまだ様子見です。
実際選ぶ側になると、顔がわかる人の方が安心感があるので自分も載せた方がいいのかなとは思っています。
でも奇跡の1枚みたいのを載せて、実際に会ったときがっかりされるのも嫌なので、写真選びは結構悩みますね。
とりあえず最初は条件などをあまりつけずに、いろいろな人とやりとりしてみようと思っています。
普段関わらない層に良い出会いが潜んでいるかもしれないし、可能性を狭めないでやっていきたいです。

再婚目指して婚活はじめました!

離婚してから気が付けば5年くらいが経過してあっというまに40代に突入。離婚直後はしばらくひとりでいいかと思っていましたが、やっぱり相手がいるほうが絶対に楽しい人生を送れるんじゃないかと思い直して、最近になってやっと思い腰を上げて婚活をすることにしました。

正直婚活でうまくいくのかどうか、そして私のような40代のバツイチに相手が見つかるのかという問題はありますが、とりあえずまずはやってみようということでネットで調べていくつかの婚活アプリに登録しました。

実は大昔出会い系サイトに登録したことはあったのですが、そんなに簡単に相手が見つかるわけもなく、数ヶ月で断念した経験があります。

しかし今はこういった出会いや婚活のアプリは結構みんな日常的に使っているようで登録者も数年前に比べると格段に増えているのだそうですね。

そんなこともあってとりあえず登録して足跡つけて、あちこちにいいねしまくっています。うまくマッチングするといいな・・・と思う今日この頃。

バツイチだけど再婚したい!

未婚よりもバツイチの再婚ってハードルが高いように感じます。同じような条件なら、未婚の人ほうが選ばれるのではないかと考えてしまいます。

バツイチならまだ良いですが、すでに子持ちの場合、普通の恋愛では敬遠されがちです。子どもがいることを、相手に隠すのは何だか違う気がします。

再婚にとって障害になると思われますが、あとから子どもがいることを知られてしまうと関係はうまくいかなくなってしまいます。再婚をしたいのなら、自分に結婚暦があるということを伝えるべきです。途中までうまくいっても、「だまされた」と思われかねません。

再婚を考えるのならお見合いサイトなどに登録するほうが、普通の恋愛よりスムーズです。合コンのような出会いの場合、もっと気楽なお付き合いを望みます。でも再婚なら最初から結婚前提の相手と出合ったほうが話しも早いです。出会い方は色々ありますが、情報を最初に交換できるような出会い方が一番なのですね。

積極的にならないと婚活は成功しない

結婚できれば誰でもいいというわけではなく、自分に相性の良い相手と末永く幸せな結婚をしたいと誰でも思うはずです。

そうすると婚活をすればすぐに相手を見つけて結婚できるわけじゃないのも良く分かるでしょう。婚活方法はいろいろありますが、受身でばかりいては素敵な人とは出会えません。自分にアプローチしてくれる人を待つのではなく、自分の理想の相手に自分からアプローチしていくことが大切です。

この時、単純に自分の好みの相手を選ぶのではなく、自分と合う相手を選ぶことです。これが分からないことにはどれだけお見合いをしても、デートをしてもうまくはいきません。自分をよく分かっている人なら良いですが、なかなか相手が見つからない人というのは自分が分かっていないものです。

だからこそ婚活ではコーディネーターなどにアドバイスを受けたり、ありのままではなく外見や内面を磨くことも欠かせないんです。

私の周りの人たちがどうやって結婚相手と出会ったか考えてみた

私には結婚して10年になる主人がいます。
主人と出会ったのは職場の研修先でした。
私のように結婚相手が職場の同僚だったという人は多いのではないでしょうか。
私の周囲を見てみるとほとんどの人がそうです。
やはり、毎日職場で顔を合わせ協力して仕事にまい進することになれば、おのずと仲も深まるのかもしれません。
その次に多いのが、学校が一緒だったという人です。
学生時代はただの友達だったが、再開して仲良くなったという人もいれば、学生時代からずっと長続きしているという人もいます。
その次に多いのが友人の紹介だったという人です。
友人の友人なら自分とも気が合うに違いないのではと思います。
何か心配事ができた時にも、紹介してくれた友人に相談しやすいというメリットもあるのではないでしょうか。
私の周りにはあまりいませんが、インターネットや合コンで出会い結婚したという人もいるかもしれません。
こうしてみると、結構出会いはあるように思えてきます。
結婚や恋愛が全てではありませんが、運命の人を見つける手段としてこれらの例が頭の片隅にあれば、毎日が少し楽しさを増すかもしれません。

出会いの場は大衆バーがおすすめです!

最近、都内では大衆バーなどが増えてきています。沢山あるのでどこでも良いです。とりあえず入ってみましょう。もし、中に入って女性がいなかったらひたすら待ちます。出会いは掴みにいくものだと言われますが、ここでは出会い待つものだと考えて良いでしょう。
ひたすら待てば女性は来ます。女性にナンパした時にすぐ席を譲れるよう、待っている間に自分の席を確保できようにしましょう。
入ってきた女性を見てタイプの女性であれば迷わずすぐ話しかけに行きましょう。躊躇していると他の男性に取られますので即決、即断、即行動です。
「話しかけたいけど、勇気が出ない…」大丈夫です。話しかけて無視されても死ぬわけでは無いので。とにかく、球数を打つ事に意味があると思います。何回か話していれば慣れていきます。
「実際、話したけど緊張して話が盛り上がらない」こちらも経験あるのみです。
実際、私も最初は緊張してましたが、回数を重ねる事に慣れてきました。
是非、皆さんも良い出会いの為に頑張ってください。