pay1 のすべての投稿

タクシー運転手の求人を探しています

私は45歳男性で建設会社の作業員として働いているのですが、転職を考えていてタクシーの運転手なんかが良いなと思っています。

現在の仕事にはそれなりにやり甲斐を感じているのですが、年齢を重ねる中で体力的にキツくなったと感じてきました。

そんな状態なので定年までしっかりと働ける自信が無く、転職したいと考えるようになりました。

タクシー運転手が良いと思うようになった理由は転職するならどんな仕事が良いかと考えた時に、タクシー運転手の仕事が自分に合っているのではと感じたからです。

他にも色々な仕事について調べてみたのですが、それらと比較しても自分の性格的にタクシー運転手の仕事が合っていると感じました。

現在勤めている建設会社は小さい会社であまり給料は高くないので、調べた感じとしては転職しても金銭的に困ることはなさそうです。

そういった感じなので今は実際に転職する日を目指してタクシー運転手の求人を探している状態で、良い求人が見つかればすぐにでも転職したいと考えています。

お金を生む方法。勉強あるのみ!

今年に入って、ちょっとしたリフォームの連続だ。なぜか順番に調子悪くなってきたりと続くときって本当に続く…あんまり出費がかさむもんだから、なんとか収入を増やせないかと色々調べるようになった資産運用意識改革元年。笑

今までただの貯金しかしてこなかった身として、調べるとキリがないほど奥深い。専門用語もむずかしかった…

しかし現状、体は一個しかないからこれ以上働けず、今は貯金さえできない身。
ならば今までの蓄えを、少しばっかり増やせないか?と調べていた。

今年から積立NISAは始まるわ、ロボ投資もよく目にするわ、太陽光発電の投資なんてのもあった。あ、風力発電もある。とにかく以前より始めやすい環境になったのは事実だ。どれが自分に向いてるのか。

手持ち資金と利益回収期間、設備投資等もろもろを比較し、決めようと思う。どれにしても早く始めるのが良さそうだ。

ドローンで現場視察実行しました

私は施設管理の仕事をしているのですが、私の勤めている施設は老朽化が進んでおり、また今年やって来た台風によってかなり被害を受けました。その為、今、現在も尚 修繕作業が行われています。

また、その時に業者の人達にも勿論、直線目で見て貰い修繕する所を細かく相談したりはしたのですが、やはりなかなか見れない場所もあり、その時業者と相談の上、試しにそのドローンを使うことにしました。

すると、人の目では確認出来なかった所があったのですが、ドローンを使ったお陰で見えなかった部分が鮮明に確認出来たのです。想像してた以上にドローンが扱いやすく本当に助かりました。ですので、作業も順調に進み、それ以降は何か高い位置や確認しずらい場所は全てドローンを使っています。また今後も使う機会があれば使いたいと考えております。

スポーツと合コンの一石二鳥

駅で様々な婚活系のチラシが貼られているのを最近よく見ます。ここ2、3年で本当にたくさん増えて、中には「30代のみ!」や「映画好きのみ!」という限定的なものもありました。

その中で一際目を引いたのが「ゴルコン」の文字。なんでも、ゴルフ合コンを略してゴルコンなんだとか。チラシには「ゴルフ未経験者も大歓迎!ゴルフのついでに出会いをゲット!」と記載されており、その間口は結構広いように見えました。色んな合コンがあるなかで、こうやって出会いとスポーツを同時に行う人たちもいるんだなあと感心した覚えがあります。

ゴルフは今や男女ともにめちゃくちゃおしゃれなウェアとかも出てるし、私も高校の時の体育の選択科目がゴルフだったので経験がありますが、余程激しく走り回ったりしない限りジワジワと汗の流せる画期的なスポーツだと思いました。ゴルコン、気になります。

離婚で弁護士に依頼をするにはどうしたらいいのか

揉め事になった時に、弁護士に依頼をすることがありますね。弁護士というと、自分にはそんなにお世話になることがないと、そんな風に思うこともあるでしょう。ところが、長く生きていると案外とお世話になることがあります。

その一つに、離婚をしたいと思った時に弁護士に相談をしたいと思うことがあるのです。子供のことで、特に揉めることがありますね。自分が引き取りたいと思っても、相手の言い分もありむつかしくなることもあります。その時、二人で話し合いをしたとしても堂々巡りであることも。そのときは、第三者に入って話し合いをするほうがいいですね。感情的にならずに、話を進めることができます。

その時、思うのはなんといっても弁護士です。弁護士に相談をしにくいと思うこともあるでしょう。そのときは、無料相談などを利用するといいです。それを利用して、やっぱり弁護士に相談しようと、自分の気持ちを決めることができます。

引っ越しのために大掃除を

久しぶりの休み、お天気はいいものの、来週に迫った引越しをするために、段ボールに洋服や本などを詰めることにしました。すぐに引越し業者の人に持っていってもらえるようにと、片付けを始めたものの、捨てるものと保管しておくものを分けるだけでも大変で、たまに出てくる思いでの品に見入ったりしながら、引越しに向けて着実に片付けが進んでいき、いらないものがどんどんと出てきたのです。

引越しをするの楽しみでもあり、お世話になった部屋と別れなくてはならない悲しみも出てきました。この部屋には五年間お世話になったことを、いらいないものが多いほど、実感させられました。新しい部屋でも毎日を楽しく過ごすことができたらという期待を込めて、次の家にも持っていくものたちを段ボールに詰めて、すでに新しい生活が始まったような気持ちになりました。長年の埃などがたまった部屋を見ていると、次の部屋では掃除を怠らないようにしなくてはと心に決めました。

高級時計はメンテナンスも必要です

高級時計は、頻繁に買えるものではなく一生モノの勝ちがあるものです。

しかし価格だけ見て買ったはいいもののほったらかしで良いものではなくある程度すぎるとやはり機械ですのでメンテナンスが必要です。

部品でできているために数年に一度くらいはきちんと見てみらいメンテナンスをすれば長く使えるものだからです。

ただ部品の値段もかかることを忘れてはなりません、特に針などは大切なものですしこれだけでも数万円の値段がつくこともあるからです。

またベルトなどもやはり古くなれば切れたりすることも出てきますので交換する必要も出てきます。

長い年月と信頼された技術力は多くの人に認められ愛されお金を出してまで欲しくなるものですのでこのような時計は大切に使いたいですし愛用していけるものだと思われます。

いつも肌身離さず使いたいものがそれが時計でしょう。

転職を考え少しだけ気分が楽になりました

最近、勤めている会社に不満が出てきて転職を考えています。

仕事内容にも不満がありますが、特に人間関係に疲れてしまいました。

確かに慣れている仕事なので他の業種に転職するのは勇気がいるのですが、本気で転職したいと同窓会で友人に話したら、その中の一人がタクシードライバーは自由でいいぞ、と薦めてきました。

その友人は、個人タクシーというのもあり自由なのでしょうが、タクシー会社に属しても基本は外でお客さんを乗せ運ぶという仕事で、嫌なお客さんだったとしても、その関係がずっと続くこともないのでタクシードライバーの転職を真剣に考えてみようと思い始めました。

今は、不満を抱きながら、辞めるための準備のために当面の間、生活出来る資金を作っています。

辞めるための仕事だと考えると、少しだけ働いているときの気分も楽になり、人間関係も、もう長く続けないでいいんだと思いながら次の仕事のために働いています。

 

既婚者の出会いはそこら中に転がっている

既婚者でも、出会いはそこら辺に転がっています。

 

そこから男女の出会いに発展すれば、不倫になりますよね。

 

私は不倫をすすめたいわけではないですが、不倫なんてやろうと思えばいくらでもできるんですよね。

 

ただし、リスクは相当ありますから、しっかり覚悟して下さいね。

 

既婚者同士の出会い方は数多くありますが、下記なんかが特に多いのではないでしょうか?

 

◼幼稚園に通わせていた保護者同士

◼キャバ嬢

◼職場が一緒

◼出会い系

 

このように、不倫をしようと思えば いくらでも機会はあります。

 

他には私の知り合いに、美容師とそのお客さんだったり、子供を通わせていた習い事教室の先生とだったり、同窓会での再会がきっかけだったりで、不倫をはじめた人がいます。

 

その数の多さに愕然とします。

 

既婚者同士の不倫は、双方の家族を不幸にし、既婚者と独身の不倫は相手の家族を不幸にします。

 

そんなことは分かっていても、出会うのが遅かったとか、全てを失っても構わないとか言って、不倫をしてしまうのが人間の弱さだなと思います。

 

出会いは本当に驚くほど沢山転がっています。

 

そこから先は本人の自己責任でお願いします。

高校の同窓会で元カノと再会して不倫してしまい

30歳の男性です。私は、二年前に妻と結婚しました。しかし、最近妻が私との夜の営みを敬遠するようになり、私の中で性欲がどんどんたまっていきました。

そんなある日、私は都内の高校の同窓会に出席し、10数年ぶりに友人たちと会いました。その中に、高校在学中に付き合っていた康子という女性と目が合いました。同窓会後、私は康子とバーで近況広告をしつつ昔の思い出に浸っていました。康子も既に結婚していて、子供が一人いるとのことでした。しかし、康子は旦那から最近暴力を受けていたらしく、そのことを涙ながらに打ち明けてきたのです。一度は別れたとはいえ、一度愛した女性が暴力を受けているという話を聞くと私は康子がとても可哀そうに思えてきました。それと同時に、そんな康子がとても愛おしくなってきました。

いけないことをしているとは分かっていましたが、私は、康子と都内のホテルで一夜を共にしてしまったのです。お互い、パートナーや子供を裏切ってかつての恋人と不倫をしているという背徳感に興奮し、明け方近くまで愛し合ってしまいました。