SEの友達・星は見てくれている

今日は大変だった。昼間は順調にマシンが動いてたのだけど、日次処理の途中でサーバーがダウン。ウソだろう!?と思ったけど、ウソじゃなかった。よりによっての最悪のタイミング。

途中まで進んでいたバックアップ処理を、一旦データを全部今日の日次処理の前までに戻さなくてはいけなくて、プログラムが複雑に入りくんでるもんだから簡単に上書きっていう訳にもいかず、もうシステム仕様書の細部までチェックしながらの慎重な上書き作業の繰り返し。

結局日次処理の前までに戻せたのは夜の10時を回ってた。この会社担当のシステムエンジニアは俺しかいないから、誰にも頼れないし全部一人で処理しなくてはいけない。フリーランスで仕事をしているとよくある、あるある話だ。ほんと世間の人は当たり前にマシンが動いてると思ってるかもしれないけど、裏ではこんな苦労があるのですよ。

帰り道、今日も夜空が綺麗だった。この苦労をお星さんだけは知ってくれている。星はシステムエンジニアにとって最大の友達かもしれない。そう思える今日一日だった。