正職員は転勤が辛いと感じる

就職して、正職員となるといろいろなことを命令されることになります。その一つとして、自分の意思とは関係なく転勤を伝えられることがあるということです。転勤というのは、何度している人でも決してなれることがないのではないでしょうか。違う土地で生活をするのは、それだけでかなりストレスです。そしてそのようなストレスに加えて、知らない人たちとも人間関係も築くことが必要となりますね。そしてそれも、かなりのストレスを感じることになります。
また引越し貧乏と言われるほど、転勤を繰り返すということはそれだけお金が必要となるのです。引越しをするたびに何十万も必要となり、その体力も大変です。しかし自分がそこへ転勤をすることは嫌ということはできないので、言われるままに動くしかないのです。
そんな風に正職員となると、自分が思っている以上に大変なことがあります。