サイト売買という商売があります

サイト売買とは、企業や個人のWebサイトや、サイトを構成するコンテンツを売買することで、別名をサイトM&Aと呼びます。

このようなことは2005年頃から始まっており、まだまだ歴史が浅いので正確な定義などはありませんが、売買の際には収益性・アクセス数・会員数・ページランク・アクセスに適したドメイン名などが価値を決める基準になります。

サイトを白紙の状態から作り上げるという作業は、大変なコストと時間のかかることなので、買ってしまった方が合理的だという考え方が基礎にあります。

また、このような売買は実体のないもののやり取りであり、買い手と売り手両者の間で行われる希望条件の調整や査定、契約などの場面では専門知識が求められます。

さらに近年では、両者の間に立って仲介を行う業者も出て来ています。